CASE

治療前

20代女性 ホワイトニングとセラミックで歯の色と形を改善した症例

治療後

20代女性 ホワイトニングとセラミックで歯の色と形を改善した症例

初めの相談内容  痛いところはないけど、歯の色や形に自信がもてない。前歯に虫歯もあって変色している。皆が羨むような口元にしてほしいとの要望がありました。
診断結果 最小限の治療で最大の効果をというのがゲンズデンタルの理念です。
矯正はしたくないとのご要望を受け、虫歯もあり色、形の良くない前歯4本を歯肉整形後に歯を削る量が最小限のポーセレンラミネートベニアにて治療していくことにしました。他の歯はホワイトニングを用いて明るくします。
行なった治療内容 前歯の虫歯を治療後、ホワイトニングを駆使して全体を白く明るくしました。その後正方形に近い前歯をゴールデンプロポーション(最適な見た目)に変えるべく歯ぐきの形を整える治療(歯肉整形)をした後に、前歯の表面だけを薄く削り、まるで付け爪のような薄いセラミックスのシェル、ポーセレンラミネートベニアを貼り付けました。
治療期間 約1ヶ月半
費用 74万円(税別)
セラミック治療160,000円(税別)×4本
ホワイトニング100,000円(税別)
術後の経過や現在の様子 見違えるようなスマイルを手に入れて大変満足されました。現在も経過良好です。
治療のリスクについて ホワイトニングは赤ワインやカレーライスなど着色系の食事や喫煙などで色が後戻りすることがあるので、定期的なメンテナンスは必須です。
薄いセラミックスのシェルを貼り付けるラミネートベニアは経年や硬い食物、歯ぎしりなどで破折や脱落することがあります。

あわせてこちらもお読みください

お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ