当院の特徴

患者さんの中には、歯科医院は「怖いところ」「痛いところ」という気持ちを抱いている方が非常に多くいらっしゃいます。
ただ、日ごろのメインテナンスを定期的に行っていれば、怖い治療、痛い治療をしなくても済むのです。
メインテナンスはプロフェッショナルである歯科衛生士の仕事であり、当院では定期的なメインテナンスをお勧めしております。

ただ、衛生士と患者さんとの信頼関係が築けていないと、せっかく通っていただいていた患者さんが途中で来なくなる、ということが起きてしまいます。

当院では、衛生士と患者さんの信頼関係をより強く、しっかりと築いていくために、担当衛生士制を採用しております。

当院は、衛生士は医師の助手ではなく、医師と同じように口腔内のプロフェッショナルであり、患者さんと対等の立場で信頼関係を結びながら成長していくべき立場であると考えています。
毎朝、医師と衛生士でミーティングを行い、全員が同じ気持ちで患者さんに接することができるように徹底することで、すべての患者さんが高い満足度で治療をやめることなく通い続けてくれると信じています。

当院では、患者さんが本当に必要な治療、「なりたい姿」になるための治療を、高いレベルでご提供出来る体制を整えております。

専門医との連携

歯科医師も人間ですので、どのような医師でもすべての治療を100%こなすことは出来ません。矯正やインプラントの難症例は、特に専門性や経験を要します。
また、患者さんの口腔内の状態や症状も千差万別です。
それでも、どのような患者さんに対してもご満足いただける治療をご提供しなければならない。
だからこそ、各専門医との連携こそが患者さんにとって最良の選択肢だと考えています。
当院では、どのような症例にも対応出来る最新の設備を常に導入しており、矯正の専門医、インプラントの専門医をお招きして治療にあたっております。

技工士との連携

患者さんの「なりたい姿」は人によって異なります。
「白い歯」と言ってもいろいろな白さがありますし、形に至っては一ミリ違えばまったく印象が異なります。
当院では技工所を院内に併設しております。そうすることで、いつでも歯科技工士が患者さんとお話しすることが出来て、直接患者さんのご希望をお聞きすることが出来るのです。
通常であれば医師が患者さんの希望をお聞きし、それを技工士に伝え制作に入るので、その間にコミュニケーションのロスが生まれます。
患者さんと作り手が直接話を出来る環境を作ることで、より患者さんの理想に近付くことが可能な環境を整えております。

鍼灸師との連携

先ほども申し上げた通り、患者さんの口腔内の状態や症状は千差万別です。
また、口腔も全身の器官の一部ですので、お口が不健康であれば他の器官にも不調をきたしたり、その逆もまた然りです。
当院では、東洋医学である鍼灸との連携により、身体だけではなく、精神的にも、総合的にケアをしてまいります。

当院では、医療は高度でプロフェッショナルなサービス業であると考えております。
患者さんの多くが歯医者にネガティブなイメージを持ち、出来れば行きたくないところ、と考えています。
しかし、そのようなイメージを持ったままではメンテナンスで通院など続かず、悪循環になってしまいます。
我々は、来院したすべての患者さんに、歯が綺麗になることの気持ちよさ、歯が長持ちすることの喜びを感じていただきたい。
そして、そのために必要なのは患者さんお一人お一人に寄り添い、互いに信頼関係を築くことだと考えております。
開院して20年以上、スタッフ全員が常にこのように考え、高いレベルの治療、メインテナンスをご提供してきたことが、当院の患者さんの99.9%がご紹介によっていらっしゃっている、という結果に結びついているのだと思います。

当院では、患者さんにリラックスして頂けるよう、院内環境にもこだわっております。
詳しくは、院内ギャラリーのページをご覧下さい。

お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

再診・その他のお問い合わせ